スーツの人達

信頼性の高い電子記録債権|案件管理や顧客関係情報管理について

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業の営業活動をサポート

メンズ

企業における営業活動というのは、営業部門の営業担当者によって行われます。案件管理システムは、営業担当者がより明確で容易に案件の管理を行うことができるシステムで、営業活動を力強くサポートしてくれます。

詳細へ

より良いブース設計

展示会

企業向け展示会においてブースを出展する際には、ブースのレイアウトについて考えることはとても重要です。そのレイアウトを考える場合、来場者がパネルや展示物を閲覧し易いレイアウトを意識することが大切となります。

詳細へ

従来の金銭債権の問題

ウーマン

指名債権というのは、企業の金銭債権において多く利用される方法です。指名債権は、三社間における金銭債権に最適なものとなっており、債権の譲渡を行えるといった特徴があります。また、指名債権における債務決済を行う際には、手形を用いた決済が主流となっています。近年では、電子記録債権と呼ばれる新しい金銭債権が登場し、多くの企業は指名債権や手形の利用から、電子記録債権へ移行しています。
電子記録債権というのは、指名債権や手形の利用において発生していた問題を克服した画期的な金銭債権です。指名債権や手形の利用における問題点というのは、指名債権であれば債権情報管理ミスによる債権の二重譲渡や、債務先の倒産等による債務先不存在時における債権譲渡トラブル等が挙げられます。手形に関する問題については、手形作成時の経理担当者への負担や、管理コスト、紛失や盗難リスク等様々です。電子記録債権では、専門の第三者機関において債権債務情報が電子管理され、手形も電子化されます。そうすることで、債権情報管理のミスが発生することがなく、二重譲渡や債務先不存在といった問題が発生しません。手形に関しても同様で、電子化することにより作成が容易となり、管理コストも掛かりません。紛失や盗難等のリスクも回避できるため、安心できる金銭債権取引を行うことができるのです。このように、電子記録債権では従来の金銭債権である指名債権や手形の問題点を全て克服しており、信頼性のある金銭債権を実現しています。

顧客関係情報を管理

男女

顧客関係情報の管理というのは、企業の営業活動において大切なポイントです。CRMシステムを顧客と関わる機会のある全ての部門に導入することで、企業内に発生する全ての顧客関係情報を管理・共有することが可能となります。

詳細へ